Hoshi

フォーラムへの返信

19件の投稿を表示中 - 1 - 19件目 (全19件中)
  • 投稿者
    投稿
  • Hoshi
    参加者

    お世話になります。
    本件、改善されていることを確認しました。
    ご対応、ありがとうございました。

    Hoshi
    参加者

    こんにちは

    再現しなかったとのことで、内蔵ドライブのある別PCにTuneBrowserをインストールして動作確認してみました。
    すると、こちらではTOCの読み込みはされないものの、ハングアップはせずに、キャンセルや設定を開くことができます。
    ここで設定画面を開き Q SubCode の設定を無効にすると、TOCが読み込まれてリッピングできるようになりました。

    同じPCに、USB接続のドライブを接続したときはハングアップしてしまいました。
    というわけで、USB接続の場合(または私の使っている Pioneer の BDR-XS07B-UHD と BDR-XD07BK)の問題のようです。

    Hoshi
    参加者

    こんばんは、Hoshiと申します。

    WAVEファイルにおけるタグの扱いはソフトによっていろいろなパターンがあって複数のソフトで同じように表示させるのはなかなか難しいです。
    というのを前提にTuneBrowserで正しく表示できれば良い、ということであれば、TuneBrowser上で修正したい楽曲を右クリックし「プロパティ」から修正できます。

    とりあえず「Artist」「Album Title」「Track Title」「Track Number」あたりが正しくなっていれば良いはずです。

    ただ、元のCDが手元にあるなら個々に修正するよりもTuneBrowserで再度リッピングしてしまった方が簡単かもしれません。

    なお、iTunesでWAVE形式でリッピングすると、ファイルにはタグの情報が書き込まれません。
    「アーティスト情報なし」となっているファイルが多いことから、元のファイルはiTunesでリッピングしたファイルではないでしょうか?

    Hoshi
    参加者

    こんばんは、HOSHIです。

    Accuripへの対応ですが、リッピングしたファイルのDBとの照合のところまでできると、リッピングに関しては全部TuneBrowserだけで完結できるなぁ、と思いまして・・・

    現状、CUETools を使って確認できているので大きな問題ではないのですけどね。

    Hoshi
    参加者

    こんばんは、HOSHIです。

    なるほど、情報だけ先に作成しておいて時間のある時にリッピングできるのですね。
    活用したいと思います。

    いろいろとありがとうございました。

    以下蛇足です。

    最近リッピングからタグの編集まで、ほとんどの音楽ファイルの操作をTuneBrowserですませているので、無茶を承知で好き勝手な要望をさせてください。今後の機能追加の参考にでもしていただければ、と思います。

    以前どなたかから要望のあった、LRC(歌詞ファイル)への対応
    私はSONYのMEDIA GOの代替でTuneBrowserを使い始めたためLRCファイルのあるアルバムが複数あります。時間のリンクまでは不要と思っているので時間に関する情報を無視して歌詞のみを表示できる機能があればと思ってます。

    Accuripへの対応
    ドライブオフセットの設定もあるので、対応しているといいな、と思います。

    FLACファイルの比較機能
    音楽再生ソフトに求める機能ではないことは承知していますが、PCM波形の検査の機能追加などもあったので・・・
    これ、WAVEファイルにおける「WaveCompare」とか「音くらべ」みたいなことをFLACファイルに対して実行できる機能です。
    FLACに対してこれができるツールが見つけられていないだけなのですけど。
    (WAVEに変換してから既存のツールを使えば良いだけではありますが)

    無茶を言ってますので軽く聞き流していただいて結構です。
    今後もTuneBrowserの発展を期待してます。

    Hoshi
    参加者

    こんばんは、Hoshiです。
    ご回答、ありがとうございました。

    CDTRACKIDタグがキーになっているとのことで、CD取り込み時画面のタグの詳細編集画面からCDTRACKIDをコピーし登録済みファイルのCDTRACKIDタグに張り付けてから、再度取り込みを実施したところ、登録済みのファイルのタグ情報を引き継ぐことができました。

    ところで、今回の件に関連していろいろ試していたのですが、取り込みのダイアログボックスにある「情報だけ作成」はどのような使い方をするのでしょうか?

    Hoshi
    参加者

    Pre-emphasisの既存のフラグの件、特に支障はありませんので、現仕様のままで問題ありません。
    お手数をおかけいたしました。

    Hoshi
    参加者

    Q SubCodeは全トラック、トラック毎に確認しているとのこと、承知しました。

    再リッピング時のPre-emphasisフラグは、Pre-emphasis対応前のバージョンでリッピングしたCDを再リッピングするケースなどを考えると、取得し直した方が良いような気もしますね。

    Pre-emphasis対応や、Content Groupを使った同一アルバム内での分割など、どんどんTunebrawserから離れられなくなってます。

    返信先: OpenHome + DLNA #5581
    Hoshi
    参加者

    こんばんは、Hoshiと申します。
    heckleさんの要望、おそらく私がTuneBrowserに欲しいと思っている機能と同じではないかと思いまして、コメントさせていただきます。

    Windows10 の Windows Madia Player における「デバイスキャスト」に相当する機能ではないでしょうか?
    DLNAレンダラー機能を持つデバイスに対してLAN経由で再生させる機能です。

    私もこのデバイスキャストを使うときだけ別ソフトを使っている状況でして、TuneBrowserだけで再生できるようになるとうれしいのです。

    Hoshi
    参加者

    遅ればせながらこちらでも問題が解消されたことを確認しました。
    ご対応ありがとうございました。

    Hoshi
    参加者

    ilovepcaudioさん、こんばんは

    PreEmphasisの判断をプロ用機器で行っているとのこと、羨ましい環境ですね。
    別スレッドにも書きましたが、当方では CdManipulator というフリーソフトで判断しています。
    このソフトは、単にメディアを入れただけではTOCの情報でのみPreEmphasisを判断しますが、「正しいTCOとギャップ情報を取得」というコマンドを実行すると、SubCodeの情報も拾うことができます。

    なお、iTunes の挙動ですが、TOCにPreEmphasisフラグがあるCDについてはDe-Emphasisされているのは間違いないと思います。
    音質的にもそうですし、WAVEでのリッピングで比較すると、他のソフトのリッピングデータとはまったく一致しないデータになります。

    いずれにしてもSubCodeのPreEmphasisフラグを判断できるソフトはなかなかありませんね。
    上にあげた CdManipulator は開発終了となって久しいです。(Win10上で動作するのが不思議なほどです)
    Tune Borwser が対応できたら最強なのですけど

    Hoshi
    参加者

    すっかり遅くなってしまいましたが、こちらでも変換を試してみましたのでログをお送りします。
    Wave形式からFlacと、Wave形式からWeve形式のままの2パターンです。

    自分の環境のせいかと思っていましたが、sambacancaoさんのところでも発生しているとのことで安心?しました。

    ご確認のほどよろしくお願いします。

    Attachments:
    1. log.zip
    Hoshi
    参加者

    追加で確認をお願いしたい事項がありました。
    PRE_EMPHASISタグが1のファイルを変換したときに、変換後のファイルのPRE_EMPHASISタグが1のままになっていました。
    このファイルの再生時にはEMPHASISの表示が点灯しており、音的にも2重にエンファシス処理されてしまっているようです。

    ご確認をお願いします。

    Hoshi
    参加者

    技術的な実情はTikiさんから説明があると思いますが、1ユーザとして失礼します。

    Pre-Emphasisを検出できないのはTOCにフラグが立っていないケースではないでしょうか?
    経験上SubCodeのみにフラグがついているCDは、iTuneなどでもPre-Emphasisなしと判断されています。

    SubCodeのみにフラグがついているCDをPre-Emphasisと検出できるソフトは限られていると思われます。

    Hoshi
    参加者

    なるほど、PRE_EMPHASISタグが1のファイルであれば、変換でデエンファシスできるのですね。
    私の要望的にはこの運用で十分です。

    なお、Tunebrawserの機能でPRE_EMPHASISタグが存在しないファイルにタグを追加する手順はありますでしょうか?
    自分は判らなかったため最初は別ソフトでタグを追加しました。
    そのあとでPRE_EMPHASISタグがついたファイルが1つあれば、それと別のファイルを複数選択してタグ編集すれば良いことに気づいたのですけど

    あと、いろいろ試していて気づいたのですが、CDの取り込み時の拡張デコードの設定が保存されないようで、設定を変更しても毎回同じ(De-empahasis HDCDともにYes)に戻ってしまいます。私の環境だけでしょうか?

    Hoshi
    参加者

    こんばんは、Hoshiです。

    こちらも先行版4.5.0.1394にて大きなボタンの設定のままで問題が改善されました。

    ご対応、ありがとうございました。

    Hoshi
    参加者

    同じ現象がでているHoshiです。

    環境は Windows10 x64 Pro 1803 になります。

    TuneBrowserの再起動およびOSの再起動では変化ありませんでした。

     

     

    Attachments:
    Hoshi
    参加者

    早速のご対応、ありがとうございました。

    試してみたところ、思っていた動作になりました。

     

    なお、4.5.0先行版にしてからツールバーのボタンが無地になってしまう現象、当方でも発生しております。

    第2世代のCore-i5という古い環境のせいかもしれませんが、ご報告させていただきます。

     

    Hoshi
    参加者

    現状では仕様なのですね。

    変更を検討いただけるとのこと、ありがとうございます。

    お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

     

19件の投稿を表示中 - 1 - 19件目 (全19件中)