TuneBrowserの先行版 / Preliminary Release

このページではTuneBrowserの先行版を公開しています. この先行版は, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

このページでご提供しているTuneBrowserのバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を (頻繁に) 再リリースする場合がありますので, ご了承ください.

ご注意:
  • 先行版はダウンロード数が少ないため, OSやブラウザからその旨の警告が表示される場合があります (原理的に正式版でも起こり得ますが…).



Download

64bit Version
64bit AVX2 Version
32bit Version


更新履歴

4.12.2 (1497) : 2019/11/17
  • 32コアなど多数のコアを持つ持つCPUでクローラーの並列処理を有効にしていると, 想定以上に速度が低下して「予期しない状態」を検出することがある問題を改善しました.
  • 大量の楽曲を管理している状況でのTree Viewのノード生成負荷を改善しました.
  • CDの取り込みの実行時, PCにCDドライブが接続されていない場合にエラーを表示しないようにしました (Microsoft Storeからの指摘による変更です).
  • タスクの並列化の設定で, 並列化を行わないようにする設定を追加しました.
  • Ctrl+マウスホイールでの拡大の設定が次回起動時に引き継がれない問題を改善しました.
  • トレンドマイクロ社のTmUmEvt64.dllがフリーズしてしまう問題の対策を追加しました.
    • その2: 特定のバージョンによるフックの検知と通知機構をさらに強化しました (これは, 依然として検知するだけでそれ以上はなにもできないのですが).
    • その3: 強制的にスレッドを停止させる機構を強化しました (完全ではありません).
  • アマゾンからの画像取得・情報表示について, 新しいPA-APIv5に対応しました.
    • アマゾンのPA-API利用ポリシーに整合させるため, 画像の自動ダウンロードの機能は廃止し, 手動ダウンロードのみとしました (Last.fmからの自動取得は引き続き動作します). 手動ダウンロードはイメージの管理ダイアログボックスから行うことができます.
    • 新APIではEAN(JAN)コードによる直接検索ができなくなり, キーワードのひとつとして指定できるだけになりました. そのためバーコードリーダーとEAN(JAN)コードで管理されている場合は, ヒット率が下がる可能性があります.
    • これまでの方法(PA-APIv4)によるアクセス方法は, 11月末にサポートされなくなるとアマゾンから通知が出ています. 11月中にTuneBrowserの更新をお願いします.
    • Currently, all functions with Amazon are valid on Amazon.co.jp (Japan) only. All other Amazon domains (countries) access rights have been stopped because of too few accesses.