TuneBrowserの先行版 / Preliminary Release

このページではTuneBrowserの先行版を公開しています. この先行版は, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

このページでご提供しているTuneBrowserのバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を (頻繁に) 再リリースする場合がありますので, ご了承ください.

ご注意:
  • 先行版はダウンロード数が少ないため, OSやブラウザからその旨の警告が表示される場合があります (原理的に正式版でも起こり得ますが…). 詳しくはこちらを参照してください.



Download

64bit Version
64bit AVX2 Version
32bit Version



更新履歴

5.1.6 (1625) : 2021/08/02
  • UPnP Renderer試験対応: CUESHEETで管理されているトラックは、切り出して再生するようにしてみました.
5.1.6 (1623) : 2021/07/17
  • UPnP Renderer試験対応: Subscribeしているイベントが途中で来なくなってしまうデバイスへの対策として、再生開始時に、Subscribeしている全イベントをいったんUnsubscribeして再度Subscribeするようにしました.
  • UPnP Renderer試験対応: XML中のデータのエスケープ処理を多重に設定してしまうデバイスへの対策として、エスケープ解除の処理を2回行うようにしました.
5.1.6 (1622) : 2021/07/13
  • Tree View上にフォーカスがある場合のキーボード1文字検索に対応しました。
  • 新しいテーマ “Stone” を用意しました。
  • プレイリストになる前のタブに対してユーザーによる更新が行われたことを記憶できるようにして、更新されたタブが破棄される場合にはユーザーに確認を求めるようにしました。
  • 上記により、TuneBrowserによる管理かユーザーによる管理か曖昧なところのあった内部プレイリストファイルは、あらたには作成しないようにしました (これまでに保存された内部プレイリストファイルは、これまで通りアクセスすることができます)。
  • 変換によるAAC作成のデフォルト設定にはFFmpegを使用するようにしました。
  • Lyrics表示において、歌詞が存在しない場合にはコメントを表示するようにしました。
  • タブの表示がまたたく現象の抑制と、タブ内のテキストの配置を改善しました。
  • VST3プラグインをロード中に一般保護例外が発生する状況に対する対策を強化しました。
  • データベースのクリーンアップの動作を改善し、データベースの再構築機能は廃止しました。
  • URLタグを標準の編集対象にして、「インターネットで検索」ボタンでの検索時にURLタグが指定されている場合は、そのURLが既定で呼び出されるようにしました。
  • CUESHEET上でスペースを含んだタグ名を使用した場合の動作を改善しました。
  • UPnP Renderer試験対応: SetNextAVTransportURIを受け付けるデバイスでの2曲目再生完了時の動作を改善しました.
  • UPnP Renderer試験対応: Subscribeしたイベントを送信してこないデバイスへのポーリングを強化しました.