TuneBrowserの先行版 / Preliminary Release

このページではTuneBrowserの先行版を公開しています. この先行版は, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

このページでご提供しているTuneBrowserのバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を (頻繁に) 再リリースする場合がありますので, ご了承ください.

ご注意:
  • 先行版はダウンロード数が少ないため, OSやブラウザからその旨の警告が表示される場合があります (原理的に正式版でも起こり得ますが…). 詳しくはこちらを参照してください.



Download

64bit Version
64bit AVX2 Version
32bit Version


更新履歴

5.1.0 (1602) : 2021/12/04
  • WASAPIデバイスのチャンネル数の確認タイミングを変更しました.
  • WASAPIデバイスの再生前にチャンネル数を初期化する設定を追加しました.
  • HTTP経由でアクセスするファイルのメタデータの取得方法を変更しました. WMA形式以外に対応しています.
  • 変換の設定を保存すると, 変更していない設定が消えてしまう問題を改善しました.
  • トラック毎にHDCDパケットの有無がばらばらになってしまったアルバムのために、HDCD適否を強制的に指定できるHDCD_MARKタグを導入しました. 1で強制的に適用、0で強制的に非適用、空(値なし)でいままで通りの自動検出です.
5.1.0 (1596) : 2021/11/14
  • WASAPIデバイスのチャンネル数の取得方法を変更しました.
  • デバイス毎のプリアンプの下限を-10dBから-60dBに変更しました.
  • ポップアップウィンドウの位置補正方法の問題を改善しました.
5.1.0 (1593) : 2021/11/09
  • WASAPIによるマルチチャンネル再生に対応しました. 機種によっては、AVアンプなどでのマルチチャンネル再生を行うことがてきます.
  • 多chの音源を2chで再生する際のチャンネルダウンミックスに対応しました.
  • 前回使用した再生機器が存在しない場合でも, 再生機器の選択は維持するようにしました.
  • クエリコマンドに$AND()/$OR()を追加しました. これらは$IF()の条件として使用できます.
  • 再生中に再生操作を行った場合, そのトラックの先頭から再生するようにしました.