TuneBrowser の先行版

このページではTuneBrowserの先行版を公開しています. この先行版は, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

このページでご提供しているTuneBrowserのバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を (頻繁に) 再リリースする場合がありますので, ご了承ください.

ご注意:
  • 先行版はダウンロード数が少ないため, OSやブラウザからその旨の警告が表示される場合があります (原理的に正式版でも起こり得ますが…).


Download

64bit Version
64bit AVX2 Version
32bit Version

更新履歴

4.5.2 (1403) : 2018/8/14
  • 曲のタグが変更になったときの整合確認を詳細化しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • 1402のHigh DPI対応の副作用で, イメージの管理を使用すると, その後不定期に動作を停止することがある問題を改善しました.
4.5.2 (1402) : 2018/8/12
  • タブのアイコンとTree Viewのアイコン、ツールチップのフォントのHigh DPI対応を改善しました.
  • プレイリスト内の楽曲のタグが更新された場合に, プレイリストそのものが更新されていないにも関わらず更新されたと扱ってしまう問題を改善しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • あるドライブがマウントされたときに, 管理対象のドライブがマウントされていなかった場合に, 「予期しない状態」となる問題を改善しました.
4.5.2 (1401) : 2018/8/9
  • クロール時のTree Viewの更新方式を変更しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • RAMDecodeを適用して再生中, 対象ファイルが削除された場合に, 再生を停止して再開しようとすると動作を停止することがある問題を改善しました.
    • RAMDecodeが自動設定で, Playlistにない曲を再生しようとして, 結果としてRAMDecodeモードがコンテンツごとと判定された場合に, 動作を停止する問題を改善しました.
4.5.2 (1400) : 2018/8/7
  • 手動クロールを行うと, CUESHEETから参照されているファイル本体が登録されてしまう問題を改善しました.
  • Playback Queueが空のときに正しく保存されない問題を改善しました.
  • UWP版において, 起動時のデータベース変換が失敗する問題の対策を行いました(その2).
  • 最大化表示したときのタイトルバーのボタン位置を調整しました.
  • High DPI時のツールバーのコンボボックスのボタンの大きさを調整しました.
  • High DPI時のTree Viewアイコンの大きさを調整しました.
  • お送りいただいたダンプファイルからの改善:
    • Tree View更新時にまれにデッドロックが発生し、応答しない状態になる問題を改善しました.