TuneBrowserの先行版 / Preliminary Release

このページではTuneBrowserの先行版を公開しています. この先行版は, ある程度PCスキルをお持ちで, 個人開発のソフトウェアの品質向上にご理解を頂ける方向けに公開させていただくものです.

このページでご提供しているTuneBrowserのバージョン番号は, バージョン情報ダイアログで表示されるフルバージョン番号 (a.b.c.dddd = 通常のa.b.c形式の末尾にビルド番号ddddがついたもの) で見分けていただく必要があります. 正式版公開まで, バージョン番号 (a.b.c) を変えず, ビルド番号のみ更新した版を (頻繁に) 再リリースする場合がありますので, ご了承ください.

ご注意:
  • 先行版はダウンロード数が少ないため, OSやブラウザからその旨の警告が表示される場合があります (原理的に正式版でも起こり得ますが…). 詳しくはこちらを参照してください.


Download

64bit Version
64bit AVX2 Version
32bit Version



更新履歴

5.2.0 (1658) : 2022/11/26
  • 1656においてALBUM ARTISTなど、スペースを含むタグ名を正しく扱えなくなっていた問題を改善しました。
  • トラック一覧表示時のヘッダとフッタの表記を改善しました。
5.2.0 (1656) : 2022/11/26
  • タグ値を使用したソートについて、ソートキーが同一の場合、そのソートキー内で代表名 (アルバムの場合はアルバム名) でソートするようにしました。
  • 日付を使用したソートを行っていて、日付以外のデータが入っている場合でも、スクロールバーの表示は最低限4桁の表示を行うようにしてみました。これに伴い、インディックス・カードの表示も変わる場合があります。
  • 一連の文字列中に出てくる日付のonをやめました。
5.2.0 (1655) : 2022/11/13
  • ReplayGainの計算を行うと、設定によって動作を停止することがある問題を改善しました。
5.2.0 (1654) : 2022/11/11
  • 外部のUPnP Rendererに対して再生指示を行えるようにしました。
    • すべてのUPnP Rendererでの動作を保証するものではありません。これまでの動作確認の経緯については、こちらのトピックを参照してください。
    • この機能を有効にするには、以下の設定を両方とも “Yes” に設定してください
      • ツリー項目: 「基本の設定」「ネットワークの設定」
      • 右側の項目: 「OpenHome/UPnPの設定」
        • OpenHome/UPnP対応を有効にする
        • 外部のUPnP Rendererでの再生を有効にする
  • 標準のツリークエリに “レーベル” を追加しました。
  • コンボボックスのテキスト入力に対してクリアボタンを付与しました。
  • ツールバー上のコンボボックスに対してキー入力を行う際に、横スクロールができなかった問題を改善しました。
  • ドライブにアクセスできない楽曲ファイルでも、関連画像は検索して表示するようにしました。
  • トラック一覧表示時のヘッダ行表示 (標準では作曲家名などを表示している部分です) の最適化を改善しました。
  • 録音日の記載をinからonに変更しました。
  • CrawlerがCUEファイルの削除を検知してもデータベースから削除できていなかった問題を改善しました。
  • トラック一覧表示でのトラックの継続性などの表記に対してツールチップが出なくなっていた問題を改善しました。
  • タスク関係のウィンドウの設定をデフォルトに戻す設定を追加しました。
  • 「変換」機能でWave形式が生成できないことがある問題を改善しました。
  • データベースの更新に失敗することがある問題の対策を強化しました。
  • Log Viewに表示しているログの内容をファイルに保存できるようにしました。