TuneBrowserのUWP版について

Version 3.6.0 から, UWP版の公開をはじめました.

UWP版は, Microsoft Storeから配布される, Windows 10 専用のアプリです. Windows 10 Anniversary Update (Version 1607) 以降のPCで動作します.

このOSをご利用の方は, 以下のバッジをクリックしていただくことで, Microsoft Storeにアクセスすることができます.

UWPとは, Universal Windows Platform の略です. UWP版は, いわゆる 「Windows アプリ」あるいは「ストアアプリ」のことを言います (これに対して, このサイトから配布しているこれまでの TuneBrowser は, デスクトップ版と呼びます).

UWP版の特徴は以下の通りです:

  • Microsoft の審査を経たうえで Microsoft Storeから配布されますので, 安心です. ウィルス検出ソフトによって脅威だと誤検出されることもありません.
  • インストールしても, ご利用のPCのレジストリを変更するようなことがなく, PCへの影響を与えません.
  • Windows の設定によって, 自動で最新バージョンへの更新を行うことができます.
  • 簡単かつ完全にアンインストールすることができます (デスクトップ版も完全にアンインストールできるのですが, UWP版はこれに加えて, Microsoftが機構面で保証している, ということになります).
  • デスクトップ版と比べて性能の劣化などは見受けられません.

UWP版とデスクトップ版の機能面でのちがいは以下の通りです:

  • データベースはUWP版専用のものを使用します.
  • 設定ファイルや内部で使用するイメージの管理フォルダなど, 内部ファイルのフォルダにはアクセスできません.
  • タイトルバーにUWP版であることを示す表示が出ます.
  • UWP版にはUWP版専用のライセンスが必要です.

以上のように, 通常のご利用方法の範疇では, デスクトップ版に比べてデメリットになるような点は見当たりません.

デスクトップ版と変わらないのに, あえてUWP版をリリースした理由は, 上に挙げた特徴のうち, 1番目の特徴, ユーザの方に安心してご利用いただけるチャンネルから配布ができるようになるから, です.

§

すでにデスクトップ版をご利用中の方がUWP版をご利用になる場合は, 以下の点にご留意をお願いします.

  • UWP版とデスクトップ版は, 同時にインストールすることはできますが, 同時に起動することはできません.
  • デスクトップ版がすでにインストールされている環境にUWP版をインストールした場合, デスクトップ版の設定類が更新(保存)されなくなるという事象が発生することがあります. これはUWP版がデスクトップ版の環境を引き継ぐ際のOSの問題と思われます. もしこの事象が発生した場合は, お手数ですがPCを再起動してください. 通常どおり更新できるようになります.
  • UWP版では, TuneBrowserの「バージョン情報」ダイアログボックスから, Microsoft Storeを介してライセンスを取得することができます. ライセンスはOSに近いところで管理され, ユーザの方にライセンスキーの入力や管理をしていただく必要はありません. Microsoft Storeで入手したライセンスは、UWP版専用になります.
§

TuneBrowser のUWP版は, Microsoft の Desktop Bridge 技術によってUWP上で動作するようにしたものです. デスクトップ版同様, x64/x86 どちらかのアーキテクチャのみで動作します (つまり, いわゆるPCで動作する, ということです. 逆に言うと Windows Phone などでは動作しません).

総じて, UWP版が動作する環境であれば, 作者の目から見て, デメリットは見受けられません. 一方, UWP版は自動アップデートなどのメリットを受けることができることから, ご利用をお勧めします.

2017/11/30追記:

UWP版ではGoogle日本語入力が正常に動作しないことが判明しています. これは、TuneBrowserだけでなく、Desktop Bridgeを使用して動作しているすべてのUWPアプリに共通の問題のようです. Google日本語入力をご利用の方はご留意ください. Microsoft IMEは正常に動作します.

また状況に変化がありましたら、ここでお知らせします.

2018/7/14追記:

ご報告が遅れましたが、すでにGoogle日本語入力のほうで対応が行われたようです。ただ残念ながら、ときおり、このGoogle日本語入力の内部でハングアップしたというダンプファイルが送られてきています。これはTuneBrowser側からはどうしようもありませんので、もしGoogle日本語入力をご利用で、TuneBrowserが動作を停止するような現象に悩まれている場合は、一時的にGoogle日本語入力のご利用を止めてみるといった対処もお試しいただければと思います。