Library Viewer 上でTag情報を変更すると、Mp3tag/foobar2000でTag情報が読めなくなる

フォーラム TuneBrowser Library Viewer 上でTag情報を変更すると、Mp3tag/foobar2000でTag情報が読めなくなる

このトピックには38件の返信が含まれ、4人の参加者がいます。1 週、 1 日前 Tiki さんが最後の更新を行いました。

39件の投稿を表示中 - 1 - 39件目 (全39件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #4754

    hironii
    参加者

    こんにちは。

    現在、クラシック全ファイルを、TuneBrowser上での表示が見易く、かつ、様式統一する為Tag情報を修正しています。

    Tag編集は全てMp3tagを使用していますが、TuneBrowserで部分修正を行った全てのファイルのTag情報がMp3tag/foobar2000で読めなくなるという現象が起きています。

    詳細は以下の通りです。

    1.現象確認プログラム

    Mp3tag: v2.85, v2.90a

    TuneBrowser: ver.4.6.1, ver.4.7.2

    foobar2000: v1.4.1

    2.現象

    ①Library Viewerでアルバム内全ファイルを選択、右クリックでプロパティ表示、ジャンル(例えばClassical)を削除、空欄にする

    ②当該ファイルの状況

    TuneBrowser: 正常表示(ジャンルは消去されている)

    Mp3tag:

    ・DSFファイル(ID3v2)の場合:タグ欄に(!BAD ID3v2)と表示され、全タグ情報が表示されない

    ・FLACファイル(FLAC)の場合:アルバムアーティストのみ表示されない(ジャンルは消去されている)

    foobar2000:

    ・DSFファイル(ID3v2)の場合:全タグ情報が表示されない

    ・FLACファイル(FLAC)の場合:正常表示(ジャンルは消去されている)

     

    以上、ご検討の程お願い致します。

     

    #4758

    Tiki
    キーマスター

    こんにちわ。

    Mp3tagのことはわからないのですが、とりあえずfoobar2000で確認してみたところ、DSFファイルは問題なく読み込めているようでした。

    FLACのAlbum Artistの件は、4.7.0で入れたタグのゆらぎ制御の結果、ALBUMARTISTタグがALBUM ARTISTタグに変換されて、その結果読み込まれなくなったのかなと推察します。

    まとめると、以下のようになります。

    • Mp3tag:
      • DSFファイル(ID3v2)の場合:すいませんがわかりません.
      • FLACファイル(FLAC)の場合:ALBUMARTISTタグの互換性の問題と思われます.
    • foobar2000:
      • DSFファイル(ID3v2)の場合:わたしの環境では読み込めました.
      • FLACファイル(FLAC)の場合:正常表示

    DSFのID3v2タグが読み込めない場合、ご利用のソフトのほうがどこに問題があるということを示すログを出してくれないと、こちらでの検討は難しそうです。ひょっとしたらID3チャンクの位置などにもよるのかもしれませんが、こちらはまた追って確認はしておきます。

    #4763

    hironii
    参加者

    ご回答有難うございます。

    Mp3tagのエラーログの取り方を調べてみます。

    DSFファイルはfoobar2000でOKとの事ですが、元のDSFファイルとTuneBrowserでジャンルを削除してNGとなったDSFファイル(before/after)をお送りする事が出来ますが、如何致しましょうか?

    #4772

    Tiki
    キーマスター

    ファイルのお申し出ありがとうございます。

    • before: TuneBrowserでも他のソフトでも読めた
    • after: TuneBrowserで書き込んで他のソフトで読めない

    と理解して正しいでしょうか。

    すぐには精査できないかもしれないのですが、前回と同様の要領でお送りいただけると助かります。よろしくお願いします.

    #4778

    hironii
    参加者

    before: Mp3tagにて編集、TuneBrowser、foobar2000、異なるメーカーの2台のDAPで問題ありません。

    after: 上記ファイルをTuneBrowserにて「ジャンル」を空欄にしたもの(2台のDAPでは未確認)

    「after」がMp3tagで読めないのはひとまずおいて、foobar2000で読めなくなったDSFファイルが多数発生したので困っています。

    ちなみに、foobar2000 v1.4.1は二台目のPCにインストール後表示関係ではColumns UIをインストールした位で、タグ関係はいじっていません(その知識がありません)。

    Mp3tagエラーログの取り方はネットでも検索してみましたが。今のところ不明です。

    before/after 2ファイルをお送りしますので宜しくお願い致します。

    #4786

    Chartreux
    参加者

    こんばんは。

    私もDSFファイルで確認してみましたがfoobar(1.4.1) での表示は問題ありませんでした。

    Mp3tag(2.87a) でも消した部分 (Genre) 以外は特に問題なく表示されています。

    念の為の確認になってしまうのですが、2台目のPCにfoobarをインストールして基本弄ってないとの事ですが

    DSDに対応させるコンポーネントはインストール済みでしょうか?していなければタグは読み込めませんのでこれはありそうかな?と思った次第です。

    #4787

    hironii
    参加者

    ご検討ありがとうございます。

    foobar2000のDSD関連コンポーネントはインストール済、ネイティブ再生出来ています。

    Mp3tag(2.87a)を新たにインストールして確認しましたが、「after」は読めません。

    win 7 pro PCにも同様な環境が構築してありますが、「after」はMp3tag、foobar2000共にNGです。

    #4788

    Chartreux
    参加者

    ご報告ありがとうございます、インストール済みでしたか、申し訳ないです(^^;

    別件と同じで特定条件のファイルの問題というのが濃厚でしょうかね?原因が判明することを祈っております。

    #4791

    Tiki
    キーマスター

    hironiiさん、こんにちわ。ファイル受領しました.

    Chartreuxさん、いつもありがとうございます。m(__)m

    好奇心に勝てず(^^;、すべての作業を放り出してファイルを検証してみました。結果、わかっているところをご報告します。

    以下、お送りいただいたファイル名通り、”before” はTuneBrowserでの編集前、”after” はTuneBrowserの編集後のDSFファイルです.

    1. TuneBrowserでは両ファイルとも読み込めました.
    2. foobar2000では (ご報告通り) beforeは読み込め、afterは読み込めませんでした.
    3. 両ファイルをバイナリ比較したところ、ID3データの位置・ヘッダも含め、ID3データ内部以外はすべて一致しました.
    4. ID3データ内部では、beforeのすべてのテキストデータは1文字多いようです (末尾の ‘\0’ が付与されている). これに対してTuneBrowserは ‘\0’ は付与しませんので、afterはすべてのテキストデータが1文字分短くなっています.

    最後の5.が怪しいかなとも思ったのですが、それでfoobar2000とMp3tagが歩調を合わせて拒否するということも考えづらく、また念のためID3v2の仕様や、世間で流布されているID3v2データなども確認してみたのですが、末尾に ‘\0′ をつけることが慣例化しているようすもありませんでした. ちなみに、’\0’ はC/C++言語の表現で、実際には値0のバイナリ値を示します.

    行き詰ったかなとも思ったのですが、上記の様相から (Genreが削除されていることもあり) 実際にはID3データ領域の大きさは変わっているはずです. にもかかわらず、内部データ以外は変わっていない (ID3ヘッダのサイズも変わっていない) ということは、パディング領域での調整が行われているはずで、ひょっとしたらこのあたりになにか差異があるのかもしれません。

    すいませんが、今日はここでいったん手を止めなければならず、ほかの可能性も含めて、また時間を見つけて検討してみます。

    #4806

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    たぶん原因がわかったと思います。すくとなくも、わたしの環境では同様の編集操作を行っても、foobar2000で読み込むことができるようになりました。

    TuneBrowserはID3v2のアクセスにオープンソースを利用させてもらっているのですが、その処理内で、タグデータが短くなった場合 (つまり今回のように値を削除した場合)、末尾のパディング領域部分に古いデータが残ってしまうことがわかりました。「古いデータ」はいわゆるゴミデータ状態で、たいていは正しい形式ではないので、これを異常だと検知しているのだと思います。この動作を修正して、ゼロで埋めるようにすると、読み込めるようになりました。

    hironiiさんは、デスクトップ版をご利用でしょうか? ある程度PC利用上のスキルをお持ちかと思いましたので、もしよろしければ、添付ファイルをダウンロードしていただき、解凍するとDLLファイルが出てきますので、TuneBrowserをインストールされたフォルダに上書きしてみてください (TuneBrowserは終了した状態で操作してください)。

    添付ファイルはx64版です。もし万一x86(Win32)版をご利用でしたら、ご利用にならないで、その旨を教えてください。また操作に不安があるようでしたら、もちろん実施していただかなくて結構です。

    このDLLは、そのオープンソースをビルドして、DLL化したものです。通常のTuneBrowserのインストールパッケージに含まれています。このDLLの入れ替えで、今回の症状は改善できるかと思います。

    万一、予期しない異常が発生した場合は、再度TuneBrowserを (アンインストールせずに) インストールしていただくと、もとに戻ります.

    他の件との兼ね合いで、インストールパッケージとしてのリリースはすこし先になりそうですので、よろしければお試しください。

    Attachments:
    1. mp3infpExtr.zip
    #4809

    hironii
    参加者

    おはようございます。

    mp3infpExtr.dll を上書きした結果、Mp3tag、foobar2000共に問題無く読めるようになりました。

    ご検討有難うございました。

    #4810

    hironii
    参加者

    追加情報です。

    mp3infpExtr.dll 上書き後のTuneBrowserについて、FLACファイルでは最初にご報告した「Mp3tagでアルバムアーティストのみ表示されない」現象が出ます。一方、foobar2000で同じ修正をした場合、問題無く表示されます。TuneBrowserとfoobar2000の環境は出来るだけ統一致したく、ご検討願えないでしょうか?当該FLACファイルが必要であればお送り致します。

    #4811

    hironii
    参加者

    先程、DSFアルバムをMp3tagで修正後、ダンプファイルが見つかった旨警告が出たので送信致しました。

    #4813

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    ご確認いただき、ありがとうございました。うまく動作したようでよかったです。

    ダンプファイル受領しました。ChordのASIOドライバが動作を停止したようで、今回の件とは無関係でした。

    FLACの件は、今回のDLLはID3v2用のものですので、これも無関係です。

    Album Artistはどのタグをご利用ですか? “ALBUMARTIST” か “ALBUM ARTIST” のどちらかだと思うのですが。4.7.0からタグの統合機能で、既定の設定では “ALBUMARTIST” は “ALBUM ARTIST” に変換されて格納されているためだと思います。このあたりの設定を変更すれば対応できると思うのですが、その設定方法はどのタグを利用されているかによります。まずはその点をご確認ください。

    #4815

    hironii
    参加者

    ダンプファイルの件、何が起きたのか不安になりましたが、安心致しました。

    Mp3tag英文ではタグ名称は「Album Artist」と表示されています。

    念の為、ファイルを送信させて頂きます。

    ①original.flac

    ②TuneBrowser.flac:①に対しTuneBrowserにて「CONTENTGROUP」「GROUPING」「COPYRIGHT」を空欄にしたもの

    ③foobar2000.flac:①に対しfoobar2000にて「CONTENTGROUP」「GROUPING」「COPYRIGHT」を空欄にしたもの

    以上、宜しくお願い致します。

    #4818

    Tiki
    キーマスター

    タグの値というのは、統制された仕様というものがないので、どうしてもソフトによってバラつきが出ます。今回の件はその使いこなしの範疇だと思いますが、その使いこなしをご支援するのに、毎回大きなファイルをお送りいただいても、正直なところ困ります。今回の件はファイルを見ても、おそらくなにも新しいことはわかりません。

    ALBUM ARTISTとALBUMARTIST、どちらのタグをご利用か、おわかりにならないのだと拝察します。すこし時間をかけて、TuneBrowserとしてどうしたらよいのか、考えます。

    #4819

    Tiki
    キーマスター

    ALUBMARTISTタグをご利用だと仮定して、話を進めます。

    設定画面のツリー「タグの設定」「タグ名の扱い」、右側項目の「タグ名の統一」のいちばん上にある “ALBUM ARTIST”を選択して、下の「削除」ボタンを押して消してください。

    こうすると、TuneBrowserの “Album Artist”では編集できなくなりますが、”ALBUMARTIST”で編集できるようなり、ALBUMARTISTタグがファイルに書き込まれるようになります、

    #4820

    hironii
    参加者

    ご了解無しに送信して申し訳ありません。

    クラシックの再生をfoobar2000からTuneBrowserに統一中であり、宜しくお願い致します。

    #4821

    Tiki
    キーマスター

    ご理解いただき、ありがとうございます。

    TuneBrowserが、hironiiさんはじめ多くの方の音楽管理のお役に立つようにと思っております。

    #4822

    hironii
    参加者

    ご教示内容に従い設定変更、一連の作業を行いましたが問題無くなりました。

    お忙しい中、大変ありがとうございました。。

    ただ、foobar2000、Mp3tagではメタデータ欄の名称が“Album Artist”なので、”ALBUMARTIST”との違いが良く解らず混乱しています。。。

     

    #4823

    Tiki
    キーマスター

    ご確認ありがとうございました。

    ただ、foobar2000、Mp3tagではメタデータ欄の名称が“Album Artist”なので、”ALBUMARTIST”との違いが良く解らず混乱しています。。。

    Album Artist問題は古くからあるタグ名の揺れの問題で、”ALBUM ARTIST” と “ALBUMARTIST” でインターネットを検索すると、世界中のたくさんの悩みが出てきます。こうした揺れの問題は、Album Artist以外にも, Content Groupとか, Encoding Timeとか、たくさんあります。上で書いたように、タグのルールは誰かが世界の統制をとってやっているものではなく、ISOなどの規格で決まっているものでもありませんので、ある意味「てきとう」な世界です。そのあたりをある程度は押さえながら付き合っていく必要はあるかもしれません。

    4.7.0でTuneBrowserとしての統制に乗り出したわけですが、今回の一連のやりとりで、ちょっと自信を失いかけました。それで、改めてhydrogenaudio (https://hydrogenaud.io/) の議論なども確認してみましたが、とくにALBUM ARTISTとALBUMARTISTのどちらが優勢という話はなさそうで、わたしがTuneBrowserの仕様を決めた2010年ごろからあまり変わっていないようです。ですので、しばらくはTuneBrowserとしては現在の仕様のまま行ってみて、今後の議論を待ちたいと思います (いくつか細かい問題は見つかっていますので、それらは改善していきます)。

    #4825

    hironii
    参加者

    こんにちは。

    ID3タグについてはネットの情報等で互換性の問題がある事は承知はしていましたが、以前wikipediaをざっと読んだ程度で残念ながら詳しい知識はありません。

    Mp3tagはmp3音源時代から長年使い続けていますが、編集したファイルはこれまで、数台のDAPやTuneBrowser、foobar2000をはじめとするプレーヤーソフトで使用して来ました。

    (現在でも更新が続いており、個人的には良いソフトだと思います。)

    今回、メインの再生環境をfoobar2000からTuneBrowserに移行するにあたり、表示の最適化(タイトル欄の「:」の位置、不要タグ情報の消去等)を初めてTuneBrowser上で行ったところ、今回の現象となった次第です。

    一時はどうなるかと思いましたが読めなくなったDSFファイル修復が完了、TuneBrowser、foobar2000、Mp3tag相互間の問題も無くなりました。

    ご親切にサポート頂き、大変有難うございました。

    今後も宜しくお願い致します。

    #4830

    chandora
    参加者

    Tiki さん、こんばんは。

    ALBUM ARTIST 関連タグの取り扱いについて、私の場合、現在は以下のように
    運用しています。

    ・使用PCアプリ
    TB 4.7.2
    JRMC 24

    ・使用DAP
    A社製(ALBUM ARTISTに対応)
    B社製(ALBUMARTISTに対応)

    ・タグの編集
    TB 4.7.2
    Mp3tag

    TB 4.7.0以前は、TBのタグ編集機能を使用して、ALBUM ARTIST と ALBUMARTIST タグの双方に同一データを入力後、JRMC、A社製DAP、B社製DAPに取込み、特に問題なく、ARBUM ARTISTの管理が出来ていました。

    TB 4.7.0後、(タグのゆらぎ対策はデフォルト設定の状態では)、B社製DAPでは、DSD音源は問題ないが、FLAC音源はARBUM ARTISTの管理が出来なくなりました。Mp3tagで確認すると、FLAC音源はALBUM ARTIST欄が空欄なので、Mp3tagでALBUM ARTISTデータを入力し、B社製DAPに取込んでいます。

    TBのタグ編集機能のみで、A社製DAP(ALBUM ARTISTに対応)とB社製DAP(ALBUMARTISTに対応)双方へのFLAC音源ALBUM ARTISTデータの入力が出来ないものかと、TBのタグ設定機能を試行錯誤して操作して見ましたが、タグ編集画面には、ALBUM ARTIST欄しか表示されません。タグ編集画面へのALBUM ARTIST欄とALBUMARTIST欄の双方を表示することが可能であれば、手順をご教示お願いします。

    なお、TB 4.7.0以前に処理したFLAC音源は、ALBUM ARTIST欄とALBUMARTIST欄の双方が表示され、同一ALBUM ARTISTデータが入力されております。

    #4833

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    上のコメント (2018-12-05 22:58のもの) で書いたようなALBUM ARTISTのエントリを消す方法はお試しになられましたでしょうか?

    #4834

    chandora
    参加者

    Tiki さん、こんばんは。

    はい。実施しました。念のため、再度以下を実施。

    1.設定画面のツリー「タグの設定」「タグ名の扱い」、右側項目の「タグ名の統一」のいちばん上にある “ALBUM ARTIST”を選択して、下の「削除」ボタンを押して消してください。

    2.手動クロールを実施

    3.タグ編集画面を確認するも、“Album Artist”欄のみが表示され、”ALBUMARTIST”の編集は出来ませんでした。

    すみません。何か大きな勘違いがあるのでしょうか?

    #4835

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    ALBUM ARTISTではなくALBUMARTISTタグを編集するには、2つの方法があります。

    1. プロパティの”Album Artist”のタグ定義を変える
    2. 手動でALBUMARTISTタグを追加する

    2番目のやり方は、プロパティ(編集)画面において、タグ名のあたりを右クリック、「タグの追加」で選択肢が表示されます。直接キーボードでALBUMARTISTと打っていただいてもかまいません。それでALBUMARTISTタグを追加して、編集することができます。

    #4836

    chandora
    参加者

    こんばんわ。

    上記の方法で、ALBUMARTIST欄の追加とタグ編集が行えました(画面下部に書き込みLOGメッセージ

    が表示されました)。

    ただ、仕様だと思いますが、タグ編集後、再度タグ編集画面を開くと、ALBUMARTIST欄

    は消えちゃいますね。でも、Mp3tagで追加するよりも、非常に簡単です。

    ありがとうございました。

    #4837

    chandora
    参加者

    すみません。実施方法が抜けました。上記2.の

    手動でALBUMARTISTタグを追加する(選択肢を選ぶ)

    で実施しました。

     

    #4838

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ、ご確認ありがとうございます。

    ただ、仕様だと思いますが、タグ編集後、再度タグ編集画面を開くと、ALBUMARTIST欄

    は消えちゃいますね。でも、Mp3tagで追加するよりも、非常に簡単です。

    確認させてほしいのですが、ファイル形式はFLACでしたか?

    #4839

    chandora
    参加者

    お手数をお掛けします。

    はい。ファイル形式、およびタグタイプはFLACで確認しました。

    #4840

    Tiki
    キーマスター

    ありがとうございます。

    念のため確認をしてみたのですが、設定変更後、FLACファイルにALBUMARTISTタグを書き込んで、その後もういちどそのファイルのタグの編集を開くと、ALBUMARTISTタグとして設定した値が表示されています。そうなってはいないでしょうか?

    またもしALBUMARTISTタグを恒久的にプロパティ(設定)画面に登場させたいということであれば、設定の「タグの設定」「Title & Tag」に追加してしまうという手があります。よろしければお試しください。

    #4841

    chandora
    参加者

    お世話になっております。

    再度、FLACファイルでALBUMARTISTタグを以下の2種類の値を設定後、タグ設定画面を表示

    してみました。

    1.ALBUM ARTISTタグと同値を設定 → ALBUMARTIST欄は消える。

    2.ALBUM ARTISTタグと異なる値を設定 → ALBUMARTIST欄は消えるが、ALBUM ARTIST欄

    にxxxxxx; yyyyyy として設定した値が残る。

    恒久的にALBUMARTIST欄を追加する方法は別途、確認いたします。

    ありがとうございました。

    #4842

    chandora
    参加者

    おはようございます。
    以下の検証をしてみました。

    Mp3tagはデフォルト状態では、アルバムアーティスト欄の表示はALBUMARTISTに
    なっていたので、設定を変更して、
    Album Artist欄 = Album Artist
    ALBUMARTIST欄 = ALBUMARTIST
    に変更して、Album ArtistタグとALBUMARTISTタグの両方を表示可能としました。
    (TB 4.7.0以前にタグ修正したファイルで、Album ArtistタグとALBUMARTISTタグ
    に同じ値が入っていることを確認しました)

    TB 4.7.2(タグゆらぎ対策はデフォルト設定)のタグ編集画面で、ALBUMARTISTタグ欄を
    追加後、ALBUMARTISTタグにAlbum Artistタグと同じ値でタグ編集を行い、
    Mp3tagでAlbum ArtistタグとALBUMARTISTタグの値を確認しました。

    結果
    FLACファイル → Album Artistタグは正常、ALBUMARTISTタグは空欄
    DSFファイル  → Album Artistタグは空欄、ALBUMARTISTタグは正常

    FLACファイルとDSFファイルでは反映結果が逆になりました。
    この結果が何を意味するのかはよくわかりませんが、参考になるでしょうか?

    #4843

    Tiki
    キーマスター

    おはようこざいます。ご確認ありがとうございました。

    ALBUMARTIST欄が消える件、いろいろ確認したところ、ALBUM ARTIST←ALBUMARTISTの設定を削除したあと、TuneBrowserを再起動しなければ、実質的に設定が効かない状態になっていました (次リリースで改めます)。

    それが関係しているということはないでしょうか?

    お時間のあるときで結構です。お手数ですがよろしくお願いします。

    #4844

    chandora
    参加者

    1.設定画面のツリー「タグの設定」「タグ名の扱い」、右側項目の「タグ名の統一」のいちばん上にある “ALBUM ARTIST”を選択して、下の「削除」ボタンを押して消してください。

    を実施後、TB再起動して、再度、のタグ編集画面で、FLACファイルのALBUMARTISTタグ欄を追加後、ALBUMARTISTタグにAlbum Artistタグと同じ値でタグ編集を行い、Mp3tagでAlbum ArtistタグとALBUMARTISTタグの値を確認しました。

    結果、

    タグ編集画面のALBUMARTISTタグ欄は残っており、Mp3tagでのAlbum Artistタグ、ALBUMARTISTタグとも正常に表示されました。

    ただ、DSFファイルについては、上記の操作を行っても、タグの書込みは行われず、Mp3tagでのAlbum Artistタグは空欄、ALBUMARTISTタグは正常、でした。また、TBのタグ修正画面のALBUMARTISTタグ欄は消えてしまいます。これは正常な動作でしょうか?

    #4845

    chandora
    参加者

    こんにちは。ご確認ありがとうございました。

    その後、設定の「タグの設定」「Title & Tag」にALBUMARTIST追加して、ALBUMARTIST
    タグを恒久的にプロパティ(タグ設定)画面に登場させることができました。

    これで、FLACファイル、DSFファイルともに、プロパティ(タグ設定)画面から、
    ALBUM ARTISTタグ、ALBUMARTISTタグ、いずれも簡単に設定、修正可能となりました。

    DSFファイルの場合に、Mp3tag上で、ALBUM ARTISTタグが表示されない問題が残って
    いますが、これはMp3tagの問題だと思います。

    これで運用してみます。ありがとうございました。

    #4846

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。ご報告ありがとうございます。

    DSFファイルは、FLACとは異なり、ID3v2形式でタグを格納しています。このID3v2でALBUMARTISTを格納する場合、ふたつの方法があります。TPE2タグを使用する方法と、TXXX + ALBUMARTISTを使う方法です。どちらを使用するか、というのはまた議論百出です。TPE2タグを使う方法が正しいような雰囲気ではあるのですが、TPE2はBANDである とか、PERFORMERである という流派もいて、世界的にも正解を決めるのはむずかしい様相のように見えます。

    現在のところTuneBrowserはALBUMARTISTはTXXX + ALBUMARTISTの形式になっていて、それがなにか影響しているのかもしれません。次のリリースでは、そのあたりももうすこしうまく設定できるようにできないかとは考えています (それが趨勢の期待通りになるかどうかはまたべつですが…)。

    課題はいったん解決ということでよろしいでしょうか。なにかありましたらまたべつのトピックでも結構ですので、おっしゃっていただければと思います。

    #4848

    chandora
    参加者

    Tikiさん、こんばんは。

    ID3v2形式、ALBUMARTISTタグの格納方法、などの解説、ありがとうございます。正直、まだ私には理解できませんが、これを機会に勉強したいと思います。

    現在の私の環境では、今回の対応方法で特に問題ありません。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

    #4849

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    了解しました。お手数をとっていただき、ありがとうございました。

39件の投稿を表示中 - 1 - 39件目 (全39件中)

トピック「Library Viewer 上でTag情報を変更すると、Mp3tag/foobar2000でTag情報が読めなくなる」への新規返信追加は締め切られています。