ID3 v2.3 ARTISTタグ 複数アーティストの区切り文字(セミコロンまたはスラッシュ)が機能しない

フォーラム TuneBrowser ID3 v2.3 ARTISTタグ 複数アーティストの区切り文字(セミコロンまたはスラッシュ)が機能しない

このトピックには14件の返信が含まれ、4人の参加者がいます。1 年、 6 ヶ月前 Tiki さんが最後の更新を行いました。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全15件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3202

    mendou
    参加者

    先行版の 4.4.1 (1381) において、

    ID3 v2.3 ARTISTタグで複数のアーティストを区切るためにセミコロンやスラッシュを入れていますが、クエリーツリーやアルバムビューなどの表示上は複数のアーティストに区切られずにそのまま表示されてしまいます。

    回避する方法はないでしょうか?

     

    (例)ARTISTタグが「アーティストA; アーティストB」の場合

    ・望ましい表示

    アーティストA

    アーティストB

    ・現状

    アーティストA; アーティストB

     

    #3204

    Naos
    参加者

    こんばんは。まさか”;”が全角で入力されているってことはないですよね。

    ついでにちょっと気になったがあったので記入しておきます。
    TuneBrowserでflacからmp3に変換します。変換されたmp3ファイルのタグの形式はID3 v2.3です。そこで変換したmp3ファイルのアーティストのタグをMp3tagを使って「アーティストA; アーティストB」と編集します。そのファイルをTuneBrowserに読み込ませると、mendouさんが指摘された通りツリービューに「アーティストA; アーティストB」と表示されました。しかし、TuneBrowserでそのファイルのアーティストのタグから”;”を削除し、改めて”;”と入力すると、アーティストAとアーティストBが分離されて表示されました。いったい何なんでしょうね~。

    ともかく、まず”;”が半角で記入されているか確認してください。もし他のアプリでタグを編集している場合は、TuneBrowserでアルバム or 楽曲のプロパティーを開き、アーティストのタグにある”;”を削除し、改めて半角で”;”を入力すると期待通りの表示になるかもしれません。

    #3207

    mendou
    参加者

    ご連絡ありがとうございます。

    セミコロンは半角で設定されていることは確認しました。

    タグの編集はご指摘の通り、外部ツール(XRECODE3、Mp3tag)を使用しております。

    Extrac Audio Copy を使って cue + wav 形式 (情報は Gracenote で取得)で取り込み、XRECODE3で無圧縮FLACに変換しております。タグの一括編集で Mp3tag を使用しております。

    ご提示の通りTuneBrowserで楽曲のプロパティを開き、セミコロンを削除して、再度セミコロンを入力することで期待通りの表示になりました。(データベースのクリーンアップおよびデータベースの再構築を行っていてもTuneBrowserのプロパティから入力したセミコロンは区切り文字として機能しております)

    文字コードの関係なのでしょうか・・・詳しく調べる時間が取れないので何とも言えないですね。

    当面はご提示のやり方で編集していきます。

    ありがとうございました。

     

    #3211

    Tiki
    キーマスター

    Naosさんのご指摘を読んでいて「え゛ー」と思い、そしてmendouさんにご確認いただいて、その通りだったようでちょっと愕然としました(^^;。

    どうもMp3tagは、ID3v2タグへの複数値として、’;’ で区切った文字列をそのまま格納しているのですね。ID3v2の場合、複数値を格納する場合は、’\0’で区切って格納すると決まっていたと理解しています。

    TuneBrowserの場合、ユーザインタフェースとしての編集時には ‘;’ で区切った値を見せていますが、メタデータとしてファイルに保存する際には、それぞれの形式に則った形に変換しています。上に挙げたID3v2は ‘\0’ 区切りですし、FLACなどは同一タグで複数個の値を格納します。

    ファイル上のメタデータとして ‘;’ でそのまま格納するというようなことはやっていませんでした。読み込むときも然りです。

    そういう書き方がデファクトスタンダードになっているようであれば、対応しないわけにはいかないのでしょうが、メタデータの形式が多いので、ちょっと気合いがいりそうです。すぐに対応は難しいかもしれません。

    #3229

    Naos
    参加者

    mendouさん、まずは期待通りの表示になったようで何よりです。
    ただ、これにて一件落着ではなく、まさかの展開!という状況になってしまったようです(^^;)

    Tikiさん、何か厄介な問題を持ち込んだようで恐縮です。TuneBrowserで取り込んだflacファイルをカーナビで再生するためにmp3に変換し、別のアプリを使ってタグを編集することがあります。変換したファイルを再びTuneBrowserに読み込ませることはないのですが、今回は実験で読み込ませました。そうしたらこういうことに気がついたわけで・・・。対応されるとのことですが、ご自分のペースであまり無理をなさらないようお願いします。

    最後に参考になるかわかりませんが、今回の問題に関するスクリーンショットを貼っておきます。
    赤で囲っているのはTuneBrowserで”;”を入れ直したものです。緑で囲っているのはMp3tagで”;”を入れたものです。

    最初のスクリーンショットa。mendouさんの表示は緑で囲ったようになっていたと思われます(ツリービューは見にくいと思いますが・・・)。なお、アルバムビューは動的タグのPERFORMERの値を一時的にARTISTに書き換えて表示させています。

    これらをTuneBrowserのプロパティーで表示したのが2番目のスクリーンショットb。どちらもちゃんと半角で”;”が入力されているように見えます。

    3番目のスクリーンショットc。Mp3tagの表示です。TuneBrowserで”;”を入れ直した楽曲の”;”が”\\”になっています。なお、使用したMp3tagのバージョンはv2.87a(ポータブル版)です。

    Attachments:
    #3237

    mendou
    参加者

    ご連絡ありがとうございます。

    Naosさんのご指摘に通り、TuneBrowserで入力した”;”はMp3tag(verは2.88a ポータブル)では”\\”で表示されます。

    Mp3tagのタグパネルのアーティスト欄で”;”を”\\”に直して保存するとTuneBrowserではアーティストが区切られて表示されます。Mp3tagのアクションで「”;”を”\\”に置換」して一括変換するとTuneBrowserでは”アーティストA\\アーティストB”で表示されます。

    Tikiさんのご説明で区切りを”\0″で行っている、とありますが、ID3v2はバージョンによって区切り文字が異なっているようです。

    ID3v2.2 ・・・ “;”(セミコロン)

    ID3v2.3 ・・・ “/”(スラッシュ)

    ID3v2.4 ・・・ “\0″(NULL終端文字)

    他のソフトではID3v2.3でも”;”(セミコロン)を区切り文字として扱っているようです。

    “/”(スラッシュ)や”\0″(NULL終端文字)を区切り文字として扱っているソフトは少ないようです。

    ※Mp3tagのアクションで「”;”を”\0″に置換(正規表現)」を実施したところ、「アーティストA; アーティストB」から「アーティストA」となってしまい、「アーティストB」が削られてしまいました。おそらく”\0″が終端文字として機能してしまい、以降の文字列を捨ててしまっているようです。

    こう見るとID3タグは厄介な面もありますね。

    Tikiさん、Naosさん、色々と調べていただきありがとうございます。

    #3255

    Tiki
    キーマスター

    情報ありがとうございます。

    どうするか、というのとはすこしちがうのですが、ご指摘の

    ID3v2.2 ・・・ “;”(セミコロン)
    ID3v2.3 ・・・ “/”(スラッシュ)
    ID3v2.4 ・・・ “\0″(NULL終端文字)

    について、情報のソースはありますでしょうか?

    #3267

    mendou
    参加者

    ID3v2.3の”/”は以下の説明に記載されております。

    http://id3.org/id3v2.3.0

    ■引用開始

    TPE1

    The ‘Lead artist(s)/Lead performer(s)/Soloist(s)/Performing group’ is used for the main artist(s). They are seperated with the “/” character.

    ■引用終了

     

    ID3v2.4の”\0″は以下の説明に記載されております。

    http://id3.org/id3v2.4.0-frames

    ■引用開始

    4.2. Text information frames

    The text information frames are often the most important frames,
    containing information like artist, album and more. There may only be one text information frame of its kind in an tag. All text information frames supports multiple strings, stored as a null separated list, where null is reperesented by the termination code for the charater encoding.

    ■引用終了

     

    ID3v2.2の”;”(セミコロン)と書いたのは思い込みでした。大変申し訳ありません。

    以前foobar2000が”;”で区切ることができていたので思い込んでいたようです。

     

    #3268

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    具体的な記載まで含めてご確認下さり、ありがとうございました。大変お手数をおかけしました。”;” まで含めて、わたしが確認していものと同じでした。

    その上で、”/” については、それほど普及しておらず、むしろ一連の文脈上でべつの意味で “/” を使用していると余計な混乱を生じてしまう恐れがありそうということから、TuneBrowserでは区切りとしては扱わないようにしています (設定で変更はできます)。

    キーボードから「文字」として入力できない “\0” での区切りがもっとも安全ですので、混乱の多いID3v2ではあっても、その点は誤解の余地がなくていいなと思っていたのですが、そういうわけにもいかないようですね。

    ありがとうございました。

    #3465

    mzWagner
    参加者

    私はTuneBrowserを利用する前、STEP と mp3Tagでタグを整理していました。

    TuneBrowserを利用するようになって、初めてArtistに複数値を使用し始めましたが、「; 」で入力したはずなのに、mp3Tagで見ると「\\」になっているので、「おかしいなぁ~」とmp3Tagのタグータグ変換機能で文字列規則を「$meta_sep(Artist,: )」と指定して「\\」を「; 」に定期的に置き換えていました。

    つまり、この置き換えが余計だったのですね・・・・ガクッ

    で、色々試し、mp3Tagの下記の方法で「\\」に戻しました。

    (1)mp3Tagに音源データを読み込む
    (2)「アクション(クイック)」->「指定したフィールドを区切文字列で複数分割」を選択
    (3)フィールド=ARTIST、区切り文字列=; (;の後ろのスペースなし)
    (4)「OK」ボタンを押す

    一応、今のところ8000枚超分のデータに実施しましたが問題はなさそうです。

     

    #3477

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    先ほど、4.5.0の先行版を公開しました. この件に対処していますので、お時間のあるときにでもお試しいただければ有り難いです。

    ただ、\\との対応のほうは、mp3Tagの動作がよくわからないので、どうなるのかというのは定かではありません。

    よろしくお願いします。

    #3742

    mzWagner
    参加者

    お世話になります。

    4.50,4.51,4.52を試してみました。私が勘違いをしているのか、どうも上手くいきません。

    (Windows10 で 64bit AVX2 Versionを使用しています)
    1.すでに「flac」で保管している音源(元はCDからExact Audio Copyでリップしました)

    2.ARTIST名を[;]で区切って入力してある ( Aaaa, Bbbb; Cccc, Dddd)

    「; 」で区切ったのは、外部ツール mp3Tag か TuneBrowserです。

    3.mp3Tagで区切り「;」を入れたデータをTuneBrowser 4.50以前で読み込むと、

    (a) %ARTIST%は、「Aaaa, Bbbb; Cccc, Dddd」と出ていました。

    そのデータをVer.4.50以降からは、

    (b)「Aaaa, Bbbb」と「Cccc, Dddd」に分かれて出るようになった。

    つまり、TuneBrowserで「;」区切りを入れた場合と同じになる。

    と云う認識でよろしいでしょうか?

     

    前回の投稿のお詫び
    今のところ8000枚 → 8000曲 です。
    8000枚だったら一財産ですね。恥ずかしい。

    #3744

    Tiki
    キーマスター

    こんにちわ。

    すいません、すこし混乱してきました。ここで話題にしていたのはID3v2形式のタグの話だったと思うのですが、そちらのほうは解決して、FLACのタグの新しいご質問ということでしょうか。その前提で、

    つまり、TuneBrowserで「;」区切りを入れた場合と同じになる。
    と云う認識でよろしいでしょうか?

    mp3Tagの動作が「TuneBrowserで「;」区切りを入れた場合と同じになる」のか、ということでしたら、すいませんがわたしにはmp3Tagがどう変わったのか、ということはわからないです。

    TuneBrowser側は一連のリリースではFLACのタグの取扱いについては変更していません。

    これで答えになっていますでしょうか。よろしくお願いします。

    #3753

    mzWagner
    参加者

    > TuneBrowser側は一連のリリースではFLACのタグの取扱いについては変更していません。

    もしかして・・・と、データをMP3に変換し、mp3Tagで「;」でArtist名を区切ってTuneBrowserに読み込んでみました。
    すると、「Aaaa, Bbbb」と「Cccc, Dddd」に分かれて出る事がわかりました。

    FLACのタグでも同じだと思っていた私の勘違いでした。
    お騒がせし、大変申し訳ありませんでした。

    #3761

    Tiki
    キーマスター

    こんばんわ。

    ご確認いただきありがとうございました。最初のmendouさんのご発言で、かなり詳細に仕様を読み込まれていたので、その後のmzWagnerさんのご発言にもおなじ流れで返信してしまいました。失礼しました。

    (a) %ARTIST%は、「Aaaa, Bbbb; Cccc, Dddd」と出ていました。

    (b)「Aaaa, Bbbb」と「Cccc, Dddd」に分かれて出るようになった。

    この(a)(b)のちがいは、先にも書いたように、TuneBrowserとしてはFLACについては挙動は変わっていませんので、なぜそのようなちがいが出たのかはやはりTuneBrowser側からはわかりません。

    べつのトピックでの話題にもあったように、”;” という文字は根本的にはただの文字ですので、ユーザの方によっては不都合が出ます。そのためFLACやID3v2のように、タグ (メタデータ) の仕様として公式に複数文字列をサポートしているフォーマットでは、できるだけ “;” を使わず、正規の形で楽曲に格納しておきたい、というのがわたしの思いです。

15件の投稿を表示中 - 1 - 15件目 (全15件中)

トピック「ID3 v2.3 ARTISTタグ 複数アーティストの区切り文字(セミコロンまたはスラッシュ)が機能しない」への新規返信追加は締め切られています。